背中を押してくれる

キスするカップル

叶えたいことがあるけれど、でも自信がない時などに人はおまじないをしたりするものです。恋愛が成就して欲しいとか、試験に合格したいとか、人間関係が上手くいくように願ったり、金運を上げたいなど、おまじないの内容もさまざまで、「上手くいく」、「いかない」、と結果もそれぞれです。おまじないはそれでいいんだと思うのです。 物事が上手くいったときは、「おまじないが利いたのかな」と思い、うまく物事がいかなかったときは、「効果なかったのかな」と、その時々を楽しむものだと思えてならない。 おまじないというものは、これから先もこのように、「効果があるかもしれないからやってみる」的な軽い感じで、存在し続けるものだと思うのです。

おまじないをしたからといって、過信し過ぎないようにするべきです。あくまで一過性のものなので、結果がどうあれ一喜一憂しないようにするべきだと思うのです。のめり過ぎるのはダメです。周りの人にも心配をかけることになってしまうからです。何事もほどほどがよいです。 世の中には、いろいろな人がいるので、おまじないに興味を示さない人に強制的に勧めることも辞めた方がいいです。興味がある人同士で楽しむのがいいと思うのです。お互いに情報交換をしたりできるし、話も弾むはずですから。 自分ができなさそうなおまじないには、手を出さないようにすることです。いくら良いからということを聞いても、無理そうなら止めることです。できそうな範囲内で楽しむものですから。